HOME

translation

山崎 哲秀

  • 北極圏を犬ぞりで遠征する極地探検家
    My Photo

動画

  • 犬ぞり

リンク

  • スターナビゲーション
  • 北極圏をテツが行くHP

地図

2016年5月

  • 1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31        

Supported by

帰国 & お知らせ「フィールドノート古今東西」 / 山崎 哲秀

HOME > (北極圏をテツが行く)

 5月14日に予定通り帰国しました!どうやら家族には忘れられていなかった。10ヶ月になる娘にも、泣かれることなく受け入れられた模様です(笑)。

 一件お知らせです。「フィールドノート古今東西」(第13巻)(古今書院刊)が留守中の自宅に届けられていました。→ http://www.kokon.co.jp/book/b222719.html 古今書院から全15巻で刊行されている(される)、研究者の方たちによるフィールドワークに関する専門書なのですが、第13巻はフィールドノート(野帳)がテーマとされていて、その中で僕も愛用している、古今書院の野帳についてのコラムを書かせて頂きました。興味のある方は、ぜひ手にとってみて下さい。この全15巻のシリーズは、世界各地域でフィールドワークをされている研究者の方たちの専門書です。

20160516_3

オジサンも夢を追いかけるんだ / 山崎 哲秀

HOME > (北極圏をテツが行く)

5月7日(土)カナック 晴れ 

201605074

 今シーズンの活動を終え、帰国の途につく。今、カナックの町にいる。

 4月の観測支援を終えて、ホームタウンであるシオラパルク村に戻ったあとは、バタバタと後片付けをした。犬ぞりが出来ない夏期の帰国中は、僕のドックチームのワンコたちは、シオラパルク村の友人・知人に預かってもらう。その手配もちゃんとした。今回はマッシャングア、ケットゥットゥ、イラングアの3人に分けて、犬たちを預かってもらうことにした。昨シーズンの夏期の帰国中には、2頭のワンコが亡くなってしまったのだが、今回はそういったアクシデントの確率を少しでも減らすべく、元気に来冬期を迎えてくれるように、好条件でお願いしたつもりだ。

 2006~2015年にかけての、10年間の活動に一区切りを迎え、2015~2016年シーズンは、これからの北極での取り組みにおいて、新たな展開を迎えるシーズンとなった。犬ぞりでの観測活動はこれからも継続していくが、(社)北極観測支援機構(→ http://arcticlogistics.tokyo/

が立ち上がったことは、今後の北極での目標に繋がっていく。一人では出来ることではないが、オジサンもまだまだ夢を追いかけるのだ。

 少し前進した目標もあるけど、気持ちが途切れないように、いつもの如く目標をまた記しておこう。

今後の目標

・  日本の極地(北極)研究者の方たちの観測支援ができるように、民間支援体制を作る。

・  グリーンランド極北、カナダ極北にそれぞれ、日本の観測拠点を設営する(設営費用は民間団体・企業等からの賛助金、支援金等の獲得を目指す)。

・  エスキモー民族(グリーンランド)と日本の交流(姉妹都市や友好都市といった)の橋渡し、促進。

・  エスキモー文化(犬ぞりなど)の継承。

 この地方への週一便の定期便で、5月11日(水)にカナックを離れたあと、5月14日(土)に帰国予定です。

写真上:海氷が流失し続ける、シオラパルク村があるフィヨルド。

写真下:胴バンドを外して、今シーズンの仕事を終えたワンコたち。

201605071

帰国の後片付け中 / 山崎 哲秀

HOME > (北極圏をテツが行く)

5月1日(日)シオラパルク 曇り

 シオラパルクも5月を迎えた。村に戻って以来、帰国に向けてバタバタと後片付けをしている。この地方への少ない定期便の都合で、帰国は5月14日を予定しています。

写真:4月の観測サポートは、こんな感じでした。ワンコたちもしっかりサポートに参加。

20160501

シオラパルク帰着 / 山崎 哲秀

HOME > (北極圏をテツが行く)

4月27日(水)シオラパルク 雪

201604271

 海氷観測サポートを終え、26日にシオラパルクへの帰途についた。観測中に海氷がどんどん流失して、犬ぞりで帰るのに、かなりの危険が伴うので神経を尖らせていたところ、こちらのエスキモー猟師の友人のピーター・シミガックが、残っている海氷の縁からボートでシオラパルクに送ってやる、と名乗りを上げてくれた。海氷の縁まで犬ぞりで行き、2日がかりでボートで2往復して、何とかシオラパルク村に戻ることができた。この2日間で2時間ほどしか寝ていないが、今夜はゆっくりと眠れそう。1回目のボートでの運搬は浮氷が邪魔をして、シオラパルクに行くまでに、26日の夕方6時頃から翌朝の4時頃までかかってしまった。一息入れて2往復目を終えたのが、今日27日のPM7時半頃だった。エスキモーの人たちの、厳しい自然の中での粘り強さには、やっぱり尊敬してしまう。

 安全な場所に戻れて、僕にとってはようやく今日が、今回の観測サポートの成功の日になる。このあとはひたすら、日本帰国の後片付けだ。

写真上:一回目のボートでの輸送は、犬たちが中心。

写真下:二回目の運搬は、橇や装備。

201604272

カナックにて / 山崎 哲秀

HOME > (北極圏をテツが行く)

4月24日(日)カナック 晴れ

 日本からの海氷観測サポートで、4月上旬からシオラパルク村を離れています。観測は無事に終了。

インターネットを頻繁に出来る環境でないので、メールの返信など滞ってしまっています。申しわけありません。シオラパルク村を離れたあと、急速に暖かくなり、一気に海氷の状態が悪化してしまいました。数日後から、シオラパルクに向けて犬ぞりで戻るのですが、海氷状態が悪く、普通なら5~6時間もあればカナックの町からシオラパルク村へ戻れるのですが、2~3日掛かる可能性があります。危険もあるので、かなりプレッシャーです。シオラパルク村に戻れて今シーズンの僕の北極活動が終ります。シオラパルクに戻ったら、落ち着いて返信が出来ると思いますので、メールを頂いている皆さま、今しばらくお待ちください。

暖かい季節です / 山崎 哲秀

HOME > (北極圏をテツが行く)

4月3日(日)シオラパルク 晴れ -26.1℃

201604041

 シオラパルク村も4月を迎え、すっかり暖かい季節です。眩しい陽射しが、温めてくれます。昼夜の気温差は大きく、もう一日を通して真っ暗な夜はなくなりました。夜中も薄明るさが残ります。白夜の季節ですね。

ブログ更新が滞ってしまったけど、坦々とした毎日が過ぎています。今シーズンは長期で犬ぞり旅行に出る予定がなく、シオラパルク村中心とした活動になっています。このあと4月7日あたりから、しばらくシオラパルク村を離れての活動になります。テントを張りながら犬ぞりで移動して、海氷のデータを集めたりしながら、4月15日頃にカナックに行き、日本からの海氷観測調査のサポートを4月末頃まですることになっています。そのあとシオラパルク村に戻り、今シーズンの後片付けをしてから、日本帰国の予定です。

写真:今日もワンコたちの写真です。ワンコたちも暖かな季節に、ほのぼのしてます。

201604042

写真だけ / 山崎 哲秀

HOME > (北極圏をテツが行く)

3月22日(火)シオラパルク 晴れ -23.2℃

201603221_2

 すっかり、わんこブログになってしまってますが・・(笑)。写真だけ。

201603222

カヤラングア / 山崎 哲秀

HOME > (北極圏をテツが行く)

3月15日(火)シオラパルク 雪 -24.3℃

201603151

 カヤラングアが、しょっちゅうコーヒーを飲みに遊びに来てくれる。すっかり歳をとってしまったが、シオラパルクに通い始めた25年ほど前からの知人だ。カヤラングアはケケッタ村の出身で、この冬は夫婦でシオラパルク村で過ごしている。若き頃は猟師としてバリバリに鳴らしていて、犬ぞりであちこちを走り回っているところを、よく行き交ったものだ(通い始めた当時の僕はまだ、ソリを自ら引っ張って歩いていた)。30年、40年前といったこの地域の昔話をよく聞かせてくれる。今では考えられないくらい海氷の凍り付きもよかったそうで、かなり沖合まで犬ぞりで走り回れていたそうだ。夢のようなその時代に、僕も犬ぞりで走り回ってみたかったものだ・・。

写真上:家に遊びに来て、コーヒーを飲むカヤラングア(右)。

写真下:25年ほど前?の、カヤラングアとの写真(右から3人目が若き日のカヤラングア)右から2人目が若き日の山崎(笑)(撮影:Susumu Tomizawa)

201603152

足の裏の毛をカット / 山崎 哲秀

HOME > (北極圏をテツが行く)

3月12日(土)シオラパルク 薄曇り -18.9℃

20160312

 全頭のワンコたちと出かけ、昨日村に戻って来た。フィヨルドを挟んで対岸のカギャ岬も、海氷が壊れて通行が出来ず、沿岸の定着氷を利用してその場所を通過する。隣り町のカナックへ行くのも、この冬はすでに簡単ではなくなってしまった。海氷の状態がやはり良くない。近年はシオラパルク村周辺では、気軽に犬ぞりが出来なくなってきた。どちらかというと犬ぞり上級者向きといったところか。自分が上級者というわけではないけれど・・。なにせワンコ一頭が、大人一人よりも馬力があるから、ちゃんと犬たちを扱いきれないと、怪我にも繋がるし、海に犬ぞりを落としてしまったりとか事故に繋がる。こちらが犬たちにいいようにされることなく、十数頭のワンコたちを、60歳くらいまでは上手く扱いたいと思っている。体力と俊敏性が必要です。

暖かくなり犬ぞり走行時に、犬たちの足の裏の伸びた毛に、雪が団子状になって付着するようになってきた。これまでだと4月くらいに入ってから、雪が団子状に固まって付着したものだが、近年はその時期が早まっている。付着した雪が氷玉となって、指と指の間に食い込み、皮膚を切って怪我をしてしまうので、防止の為に今日、全頭のワンコたちの足の裏の伸びた毛を、ハサミでカットしてやった。約50本分の足(笑)。これもエスキモーの猟師の人たちから、犬ぞりを始めた時に教わった。

写真:全頭で出かけてきた。

「ヒャカ」 / 山崎 哲秀

HOME > (北極圏をテツが行く)

3月8日(火)シオラパルク 雪~吹雪 -11.8℃

201603081

 この3日ほど雪が降り続いていて、今日は風も強まり吹雪。明日あたりは回復しそうな予報。

隣り町のカナックへ行く通常の海氷ルート上で、ある地点ですでに氷が溶け始めていて、4月にカナックへ海氷観測サポートに行く時は、通行が危ない状態になっている可能性がある。その地点を回避する陸越えルート(遠回りになり、2日ほどカナックまでかかってしまう)の確認をしておかないと。天気が回復したら、泊りがけで偵察に出かける予定でいる。

今日のワンコは「ヒャカ」。今シーズンはナッホと兄弟げんかすることもなく、仲良くしている。ヒャカもナッホ同様にサボることなく、黙々と力強く橇を曳き続けてくれるので、安心してみていられる。

写真上:雪で視程が利かない状態が3日続いている。今日の吹雪のシオラパルク村。

写真下:吹雪の中の「ヒャカ」。

201603083