HOME

translation

山崎 哲秀

  • 北極圏を犬ぞりで遠征する極地探検家
    My Photo

動画

  • 犬ぞり

リンク

  • スターナビゲーション
  • 北極圏をテツが行くHP

地図

2016年7月

  •           1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31            

Supported by

25~26日 / 山崎 哲秀

HOME > (北極圏をテツが行く)

展示開催中の、しんらん交流館の会場にて、「Tera school」→ http://www.teraschool.jp/

の子供さんたちの前で、昨日25日と今日、トークをさせて頂きました。2日連続で話をすることはなかなかないので、無事終わってホッとしています。話の後に、質問をたくさんしてくれました。生徒の皆さん、関係者の皆さま、ありがとうございました!

展示会は8月31日まで開催しています。ぜひぜひ足をお運びください。

清水っ子 ふれあい教室 / 山崎 哲秀

HOME > (北極圏をテツが行く)

 地元高槻市・清水小学校内の「清水っ子 ふれあい教室」でトークをさせて頂きました。北極の話に興味を持ってくれるかなあ、と不安を抱きつつ・・だったけど、話のあとの質問コーナーでは、止まることなく子供たちが質問を浴びせてくれました(笑)。ほんとに楽しい集まりでした。こういうトークならいつでもやってもいいなあ(笑)夏休み前日の時間に、足を運んでもらい感謝しつつ・・。ありがとうございました!

お知らせ / 山崎 哲秀

HOME > (北極圏をテツが行く)

7月17日(日)~8月31日(水)にかけて、京都・しんらん交流館1Fギャラリーにて展示会がありますのでお知らせ致します。図書室もあり、子供も大人も楽しめるスペース&展示になると思います。騙されたと思って、ぜひぜひ足をお運び下さい。

展示期間&時間:2016年7月17日(日)~8月31日(水)

        平日9:00~19:00、土日祝9:00~17:00(8月13~16日は休館)

場所:京都・しんらん交流館1F交流ギャラリー 入場無料

お問い合わせ:しんらん交流館内 企画調整室 TEL075-371-9208

              ※来館に関しては公共交通機関をご利用下さい

        許可なく写真撮影はご遠慮ください

20162

山形での展示会終了 / 山崎 哲秀

HOME > (北極圏をテツが行く)

 7月1~10日にかけて行った、モンベル山形店での展示会が無事に終了。昨日(10日)の午後に後片付けをして、展示品をレンタカーに積み込み、夜中に車を走らせて先ほどAM8時頃帰阪。9日のトークショーでは、地元の方たちをはじめ、福島、秋田、東京と遠方からも話を聞きにきてくれました。展示中に会場に足を運んで下さった皆さま、そしてモンベル山形店のスタッフの皆さま、どうもありがとうございました。いい展示ができました。

 このあと7月17~8月31日にかけては、京都東本願寺の「しんらん交流館」の展示スペースで展示会の予定です。また詳細はアナウンスします。

搬入 / 山崎 哲秀

HOME > (北極圏をテツが行く)

2012606302

 本日、展示品の搬入作業。AM10時になって、モンベル山形店に運び込む時に、朝から続いていた雨が、ピタッと止んだ。ラッキーだった。

PM6時頃作業終了。いよいよ明日から展示会です。グリーンランド北西部地方のエスキモー民族の民具を中心として、それらに関する写真を展示します。

モンベル山形店の皆さま、お客さまの皆さま、今日は作業でバタバタしてしまい、すみませんでした。明日から宜しくお願いします。

 

写真上:グリーンランド北西部地方のエスキモー民族の、男性と女性の毛皮の防寒具と展示会場の雰囲気。

写真下:展示品あれこれ

2012606303

山形へ / 山崎 哲秀

HOME > (北極圏をテツが行く)

 29日は朝から車を走らせて山形へ。やっぱり遠いなあ・・(笑)展示品が多く、荷物が積み込めるハイエースをレンタルして、自ら運搬。大阪から11時間かかった。今日はこれから、明日7月1日からの展示会の搬入作業。寝てないんだけど、気合が入っているのか眠れない。

7月1日(金)、2日(土)、7月9日(土)、10日(日)は会場にいる予定です。

モンベル山形店・展示会でのトークショーのお知らせ / 山崎 哲秀

HOME > (北極圏をテツが行く)

前回お知らせしたモンベル山形店・展示会での、トークショーの詳細が決まりましたのでお知らせです。グリーンランド北西部エスキモー民族の文化や自然の話が中心となります。

トークショー:7月9日(土)PM2:00~3:00 展示品に関するトークを行います。

※30~40名 入場無料

下記にポスターを添付しています。

2016

展示会のお知らせ / 山崎 哲秀

HOME > (北極圏をテツが行く)

20160601_2

 ブログ更新を怠っていました。すでに来シーズン、そして今後に向けて動き始めています。

今日は展示会のお知らせを一つ。7月1日(金)~7月10日(日)にかけて、モンベル山形店の展示サロンをお借りして、展示会を開催します →

http://store.montbell.jp/search/shopinfo/indoor/detail.php?shop_no=678524&data=12

昨年から取り組み始めた巡回展です。さらにグレートアップしています(笑)。グリーンランド北西部地方に住むエスキモー民族の民具を中心として、それらに関する写真も展示します。タイトルは

「極北のエスキモー民族と自然 ~グリーンランド~」<山崎哲秀によるグリーンランド北西部エスキモー民族の民具と写真の展示>

北極での取り組みの目標の中に

・  エスキモー民族(グリーンランド)と日本の交流(姉妹都市や友好都市といった)の橋渡し、促進。

・  エスキモー文化(犬ぞりなど)の継承。

を掲げています。少しでも多くの日本の人たちに、グリーンランド北西部地方に住むエスキモー民族のこと、彼らの文化を知って頂き、将来的にグリーンランド北西部地方と、日本の何処かの地域との姉妹都市、あるいは友好都市関係を締結したい、という夢があります。その活動の一環です。

10年ほどかけて、日本全国を巡回展として回りたいと思っています。お近くの方はぜひ足をお運びください。7月9日(土)には、展示品に関するトークを行う予定です。これにつきましては、詳細が決まったら、またアナウンスしたいと思います。

帰国 & お知らせ「フィールドノート古今東西」 / 山崎 哲秀

HOME > (北極圏をテツが行く)

 5月14日に予定通り帰国しました!どうやら家族には忘れられていなかった。10ヶ月になる娘にも、泣かれることなく受け入れられた模様です(笑)。

 一件お知らせです。「フィールドノート古今東西」(第13巻)(古今書院刊)が留守中の自宅に届けられていました。→ http://www.kokon.co.jp/book/b222719.html 古今書院から全15巻で刊行されている(される)、研究者の方たちによるフィールドワークに関する専門書なのですが、第13巻はフィールドノート(野帳)がテーマとされていて、その中で僕も愛用している、古今書院の野帳についてのコラムを書かせて頂きました。興味のある方は、ぜひ手にとってみて下さい。この全15巻のシリーズは、世界各地域でフィールドワークをされている研究者の方たちの専門書です。

20160516_3

オジサンも夢を追いかけるんだ / 山崎 哲秀

HOME > (北極圏をテツが行く)

5月7日(土)カナック 晴れ 

201605074

 今シーズンの活動を終え、帰国の途につく。今、カナックの町にいる。

 4月の観測支援を終えて、ホームタウンであるシオラパルク村に戻ったあとは、バタバタと後片付けをした。犬ぞりが出来ない夏期の帰国中は、僕のドックチームのワンコたちは、シオラパルク村の友人・知人に預かってもらう。その手配もちゃんとした。今回はマッシャングア、ケットゥットゥ、イラングアの3人に分けて、犬たちを預かってもらうことにした。昨シーズンの夏期の帰国中には、2頭のワンコが亡くなってしまったのだが、今回はそういったアクシデントの確率を少しでも減らすべく、元気に来冬期を迎えてくれるように、好条件でお願いしたつもりだ。

 2006~2015年にかけての、10年間の活動に一区切りを迎え、2015~2016年シーズンは、これからの北極での取り組みにおいて、新たな展開を迎えるシーズンとなった。犬ぞりでの観測活動はこれからも継続していくが、(社)北極観測支援機構(→ http://arcticlogistics.tokyo/

が立ち上がったことは、今後の北極での目標に繋がっていく。一人では出来ることではないが、オジサンもまだまだ夢を追いかけるのだ。

 少し前進した目標もあるけど、気持ちが途切れないように、いつもの如く目標をまた記しておこう。

今後の目標

・  日本の極地(北極)研究者の方たちの観測支援ができるように、民間支援体制を作る。

・  グリーンランド極北、カナダ極北にそれぞれ、日本の観測拠点を設営する(設営費用は民間団体・企業等からの賛助金、支援金等の獲得を目指す)。

・  エスキモー民族(グリーンランド)と日本の交流(姉妹都市や友好都市といった)の橋渡し、促進。

・  エスキモー文化(犬ぞりなど)の継承。

 この地方への週一便の定期便で、5月11日(水)にカナックを離れたあと、5月14日(土)に帰国予定です。

写真上:海氷が流失し続ける、シオラパルク村があるフィヨルド。

写真下:胴バンドを外して、今シーズンの仕事を終えたワンコたち。

201605071